関数で日付を表示させる

関数を使って日付を表示させてみます。
1日目はDATE関数で、指定された年・月から算出させます。
2日目から28日までは、前日+1で算出させます。
29日からは月によっては、ない日があるので、MONTH関数で指定された月と同じか判定し、同じであれば前日+1で、異なっていれば空白にしています。
その後、書式設定で日付形式に指定します。

表に日付と曜日を自動的に表示するのメニューに戻る

スポンサーリンク






実行画面

2010年2月の日付を表示させた画面です。
29日以降は空白になっています。
関数で日付を表示させた画面

C7:C37の書式設定を、月日に設定すれば完了です。
日付の書式設定

スポンサーリンク


入力している関数

C7:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",DATE($C$2,$C$3,1))
C8:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C7+1)
C9:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C8+1)
C10:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C9+1)
C11:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C10+1)
C12:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C11+1)
C13:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C12+1)
C14:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C13+1)
C15:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C14+1)
C16:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C15+1)
C17:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C16+1)
C18:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C17+1)
C19:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C18+1)
C20:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C19+1)
C21:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C20+1)
C22:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C21+1)
C23:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C22+1)
C24:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C23+1)
C25:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C24+1)
C26:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C25+1)
C27:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C26+1)
C28:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C27+1)
C29:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C28+1)
C30:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C29+1)
C31:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C30+1)
C32:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C31+1)
C33:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C32+1)
C34:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",C33+1)
C35:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",IF(MONTH(C34+1)=C$3,C34+1,""))
C36:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",IF(MONTH(C34+2)=C$3,C34+2,""))
C37:=IF(OR($C$2="",$C$3=""),"",IF(MONTH(C34+3)=C$3,C34+3,""))

表に日付と曜日を自動的に表示するのメニューに戻る

スポンサーリンク






■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved