Step5 顧客IDを入力すると会社名・担当者名を自動表示させます

顧客IDを入力すると、Step2で作成した顧客マスターからVLOOKUP関数で検索し、会社名・担当者名などの宛先を表示させます。

VLOOKUP関数の使い方です。

VLOOKUP(検索値、範囲、列番号、検索方法)

・検索値 : 顧客IDを入力するセルを指定します。
・範囲: 顧客マスターの検索する範囲を指定します。
・列番号 : 会社名ならば2列間なので、2になります。
・検索方法 : FALSE - 検索で完全一致の場合指定します。
メニューに戻る

スポンサーリンク






作成画面

会社名を自動表示させる、VLOOKUP関数です。
=VLOOKUP(B9,顧客マスター!B5:H24,2,FALSE)


担当者名などにもコピーして使いたいので、セル指定を絶対番地に変更します。
=VLOOKUP($B$9,顧客マスター!$B$5:$H$24,2,FALSE)

スポンサーリンク



ここでは「会社名」「担当者名」「TEL」「FAX」を表示するようにしました。
下のセルにコピーし、列番号のみ変更します。


フォントサイズ等を調整し、顧客の指定部分は完成です。

スポンサーリンク






メニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved