Excelで年賀状印刷ソフトを作ってみよう

Step 4 印刷開始前のデータ有無チェック

初めに、顧客データの最下行を探します。
名前か住所1のどちらかに入力されている最後の行を最下行とします。
もし取得した最下行が11行目の場合はデータ入力なしですのでエラーメッセージを表示します。

Homeへ > Excelでアプリケーションソフト > 年賀状印刷ソフト > Step4 印刷開始前のデータ有無チェック

スポンサーリンク






シート画面

■住所録シート

「印刷」ボタンをクリックすると、顧客データの最下行を探し、見つからなければ「宛先の名前、住所が入力されていません。処理を中止します。」とメッセージが出ます。
顧客一覧シート

スポンサーリンク



下記のコードを追加してください。

'印刷開始
Private Sub MyPrintStart()
    Dim ln1 As Long
    Dim ln2 As Long
    Dim rowmax As Long
    
    '名前の最下行の取得
    ln1 = Sheets("住所録").Range("A65536").End(xlUp).Row
    '住所1の最下行の取得
    ln2 = Sheets("住所録").Range("D65536").End(xlUp).Row
    
    If ln2 > ln1 Then
        rowmax = ln2
    Else
        rowmax = ln1
    End If
    
    If rowmax = 11 Then
        MsgBox "宛先の名前、住所が入力されていません。処理を中止します。"
        Exit Sub
    End If
    
End Sub


下記のコードに変更してください。

Private Sub CommandButton1_Click()
    If ExMainMarkCheck = 0 Then
        MsgBox "印刷したい列の印刷マークに何か入力してください。"
        Exit Sub
    End If
    MyPrintStart
End Sub

スポンサーリンク






Homeへ > Excelでアプリケーションソフト > 年賀状印刷ソフト > Step4 印刷開始前のデータ有無チェック

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved