Excelで年賀状印刷ソフトを作ってみよう

Step 10 印刷が乾くまで待ち時間が設定できるようにする

インクジェットプリンタの場合、連続印刷するとインクが乾いていない上に、次のはがきが重なる為、こすれて汚くなります。
年に一度のことなので、時間が掛かってもキレイに印刷できるようにします。
そこで次の印刷までの時間を、0〜180秒で設定できるようにします。

時間(秒)を入力するテキストボックスは数値のみ入力可能にし、範囲外の値が入力されるとエラーメッセージが表示されるようにします。

Homeへ > Excelでアプリケーションソフト > 年賀状印刷ソフト > Step10 印刷が乾くまで待ち時間を設定

スポンサーリンク






シート画面

印刷待ち時間(秒)のテキストボックスを追加しました。
0〜180の範囲を超えると、「印刷待ち時間は0〜180の範囲で入力してください。」とメッセージが表示されます。
時間入力を追加したシート

スポンサーリンク



下記のコードを追加してください。

'整数のみ入力
Public Function KeyInputVal(Key) As Integer
    If Key <> 8 Then
        If (Key < 48 Or Key > 57) Then
            Key = 0
        End If
    End If
    KeyInputVal = Key
End Function

Private Sub TextBox1_KeyPress(ByVal KeyAscii As MSForms.ReturnInteger)
    '整数のみ入力
    KeyAscii = KeyInputVal(KeyAscii)
End Sub

Private Sub TextBox1_LostFocus()
    Dim n As Long
    
    If TextBox1.Text = "" Then
        Exit Sub
    End If
    n = Val(TextBox1.Text)
    '入力範囲のチェック
    If n < 0 Or n > 180 Then
        MsgBox "印刷待ち時間は0〜180の範囲で入力してください。"
        'フォーカスを移す
        TextBox1.Activate
    End If
End Sub

スポンサーリンク






Homeへ > Excelでアプリケーションソフト > 年賀状印刷ソフト > Step10 印刷が乾くまで待ち時間を設定

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved