三角くじを作ってみよう

Step 9 引かれたくじの名前と番号の取得テスト

くじがクリックされた場合、貼り付け時マクロ指定した tshape.OnAction = "ExShapeClick" のExShapeClickが実行されます。
そこで名前を取得するには、Application.Caller で可能です。
くじ番号はMID関数で先頭の「kuji」の4文字を除いて取得しています。
今回はテストの為、セルに記入するようにしています。

Homeへ > Excelでアプリケーションソフト > 三角くじを作ってみよう > 引かれたくじの名前と番号の取得テスト

スポンサーリンク






シートコード

下記のコードを追加してください。

Option Explicit

Public Sub ExShapeClick()
    Dim kname As String
    
    'クジの名前を取得
    kname = Application.Caller
    Range("A1") = kname
    'クジ番号
    Range("A2") = Mid(kname, 5)
End Sub

スポンサーリンク






Homeへ > Excelでアプリケーションソフト > 三角くじを作ってみよう > 引かれたくじの名前と番号の取得テスト

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved