VBA講座 セルの操作

Step 12 入力されているセルの最終行を取得する


Excel VBA講座のメニューに戻る

スポンサーリンク





プログラムを入力する

Option Explicit

'上から
Private Sub CommandButton1_Click()
    Range("E5") = Range("C1").End(xlDown).Address
End Sub

'下から
Private Sub CommandButton2_Click()
    Range("E11") = Range("C65536").End(xlUp).Address
End Sub

プログラム説明

最終行の調査はEndプロパティを使います。
Endプロパティは、Ctrlキー+方向キーをキー入力したのと同じ内容になります。
方向キーに当たる引数は、xlToLeft(左)・xlToRight(右)・xlDown(下)・xlUp(上)になります。

縦方向で最終行を調べるには、上から調べるのと、下から調べるのとがあります。
上から調べるには、空白行が途中にあった場合はその位置が返ります。
従いまして、下から調べる方が安全です。

ただし、下から調べる場合、開始行を65536にしています。
新しいバージョンで変わった場合変更する必要があります。

スポンサーリンク





実行結果

上から調べた場合、空白セルがあるので「C3」になっています。
下から調べた場合は「C11」になっています。
最終行の調査シート

スポンサーリンク






Excel VBA講座のメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved