Excel VBA講座 基礎知識・準備

Step 3 変数


Excel VBA講座のメニューに戻る

スポンサードリンク



変数とは

変数とは、数値や文字などの変化する値をメモリ内に格納する入れ物です。

変数名は自由に設定できますが、下記のような規則があります。

変数は格納する値によって、種類を変える必要があります。これをデータ型といいます。
データ型には決まりがあります。例えば、数値のデータ型の変数に、文字を格納することはできません。
データ型には下記の種類があります。


スポンサードリンク



数値型は、規定範囲外の数値を格納するとオーバーフローのエラーが発生します。

変数を使うには、プログラム内で宣言し使用する方法と宣言しない方法があります。
基本的には、宣言した方がプログラムが分かり易くなり、後々デバッグし易くなります。

宣言の構文は、「Dim 変数名 As データ型」になります。

使用例
変数宣言の使用例


スポンサードリンク





Excel VBA講座のメニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


関連コンテンツ

Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved