Step8 エラーを表示させないようにする

請求書明細で入力した商品コードがマスターにない場合や、空白の場合に「#N/A」エラーが表示されます。このエラー表示を回避し、空白にするために、IFERROR関数を使います。

メニューに戻る


スポンサーリンク





作成画面

25行目は商品コードが商品マスターに登録されていない場合の、「#N/A」エラーです。
27行目は商品コードが入力されていない場合の、「#N/A」エラーです。

この「#N/A」エラーを請求書に表示させるわけにはいけないので、エラーの場合は空白にします。
「#N/A」エラーを請求書に表示させない

エラーでない場合は、VLOOKUP関数の結果をそのまま表示し、エラーの場合は空白になるようにします。

D24セルに入力した計算式 : =IFERROR(VLOOKUP($B24,商品マスター!$C$5:$G$500,2,FALSE),"")
エラーの場合は空白に

スポンサーリンク



請求書明細のVLOOKUP関数のセルを、全てIFERROR関数を使った式に変更します。
じれでエラー表示は回避できました。
VLOOKUP関数のセルを、全てIFERROR関数を使った式に変更




メニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved