Step18 新規請求書ブックの印刷範囲と余白を設定する

新規作成した請求書は印刷設定しないと1ページ内に印刷できないので、印刷範囲を設定し、余白設定で位置も調整します

印刷範囲の設定はPrintAreaプロパティで行います。

印刷時の余白設定はそれぞれ下記のプロパティで行い、数値をセンチからポイントに変換するにはCentimetersToPointsメソッドを使います。

メニューに戻る


スポンサーリンク



作成画面

■設定前の印刷プレビュー画面

設定前に印刷プレビューを実行すると、下と右端が切れ、全部で4ページ印刷されてしまいます。
設定前の印刷プレビュー画面

そこで、PrintAreaプロパティで印刷範囲のB2:X44を設定します。
Workbooks(sNewBook).Worksheets("Sheet1").PageSetup.PrintArea = _
        Workbooks(sNewBook).Worksheets("Sheet1").Range("B2:X44").Address

これで中央付近になりましたが、以前下側がきれ、印刷は2ページになっています。
PrintAreaプロパティで印刷範囲のB2:X44を設定

次に余白を設定し、上下は中央に左右は綴じ易いように、ちょっと左を広くします。
Workbooks(sNewBook).Worksheets("Sheet1").PageSetup.LeftMargin = _
    Application.CentimetersToPoints(2.3)
Workbooks(sNewBook).Worksheets("Sheet1").PageSetup.RightMargin = _
    Application.CentimetersToPoints(1.2)
Workbooks(sNewBook).Worksheets("Sheet1").PageSetup.TopMargin = _
    Application.CentimetersToPoints(1.7)
Workbooks(sNewBook).Worksheets("Sheet1").PageSetup.BottomMargin = _
    Application.CentimetersToPoints(0.9)

スポンサーリンク



これで1ページ内の中央付近に印刷することができました。
1ページ内の中央付近に印刷

■印刷設定範囲と余白の設定をするVBAコード

追加したコードはシート名を変更する前に挿入しました。
前後のコードはStep17以前掲載を参照してください。
印刷設定範囲と余白の設定をするVBAコード

スポンサーリンク





メニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved