Step13 印刷ボタンを設置する

印刷ボタンをクリックすると、印刷プレビュー画面が表示され、そこから請求書を印刷できるようにします。

直接印刷することも可能ですが、印刷結果を確認できるようにプレビュー画面を表示させます。

メニューに戻る


スポンサーリンク



作成画面

まず初めに、請求書の印刷範囲を設定します。

1.請求書全体の印刷範囲を選択します。
2.リボンの[ページレイアウト]−[ページ設定]−[印刷範囲]−[印刷範囲の設定]をクリックします。
請求書の印刷範囲を設定

次に[印刷]ボタンを配置します。

リボンの[開発]−コントロール部分の[挿入]をクリックし、表示されるActiveXコントロールから[コマンドボタン]を選択します。
ActiveXコントロールから[コマンドボタン]を選択

1.シート上をドラッグしコマンドボタンを配置します。
2.リボンの[プロパティ]をクリックします。
シート上をドラッグしコマンドボタンを配置

プロパティのCaption欄に「印刷」と入力します。
Caption欄に「印刷」

次に配置したコマンドボタンをダブルクリックします、するとVBE画面が開きます。

VBE画面には、下記のコマンドボタンのクリックイベントが入力されています。

Private Sub CommandButton1_Click()

End Sub
コマンドボタンのクリックイベント

下記のコードを入力します。

Worksheets("請求書").PrintPreview

これは、請求書シートを印刷プレビューしなさいというプログラムです。
請求書シートを印刷プレビューしなさい

スポンサーリンク



シートに戻り、リボンの[デザインモード]をクリックし、デザインモードを終了します。
デザインモードを終了

印刷ボタンが使えるようになっているので、クリックします。
印刷ボタンをクリックします

印刷プレビュー画面が表示されます。
この画面で[印刷]ボタンをクリックすると印刷が開始します。
印刷プレビュー画面

スポンサーリンク





メニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved