Step 5 商品一覧から見積書にコピーする

数量が入力されている一覧データの、「コード」「商品名」「型番」「単価」「数量」を見積書にコピーします。
コピーは、Copyメソッドを使用しました。
見積書に計算式を入力すれば同じなので、金額はあえてコピーしませんでした。

メニューに戻る

スポンサーリンク






実行画面

■ 商品一覧のシート
「見積書作成」ボタンをクリックすると、数量が入力されている商品を一行づつさがし、見つかれば見積書にコピーします。
コピーできれば、「○件の見積りを作成しました。」と表示されます。

・商品の行数を見積書と同じ27行にしました。
・中の罫線を見積書と同じ点線にしました。コピーすると罫線もコピーされるからです。
コピーした商品一覧シート

コピーできた見積書です。
作成した見積書

スポンサーリンク



実行コード


Option Explicit

'見積書の作成
Private Sub MyMakeMitumori()
    Dim srcst As Object
    Dim destst As Object
    Dim lrow As Integer
    Dim ldestrow As Integer
    Dim lcoun As Integer
    
    'コピー元のワークシート
    Set srcst = Worksheets("商品一覧")
    'コピー先のワークシート
    Set destst = Worksheets("見積書")
    
    ldestrow = 13
    lcoun = 0
    For lrow = 5 To 24
        '数量の入力チェック
        If srcst.Cells(lrow, 6) > 0 Then
            '見積書にコピーする
            srcst.Range(srcst.Cells(lrow, 2), srcst.Cells(lrow, 6)).Copy (destst.Range("B" & ldestrow))
            ldestrow = ldestrow + 1
            lcoun = lcoun + 1
        End If
    Next
    If lcoun = 0 Then
        MsgBox "数量が入力されている商品が見つかりません。" & vbCrLf & _
            "見積を作成する商品の数量を入力してください。"
    Else
        MsgBox lcoun & "件の見積りを作成しました。"
    End If
End Sub

Private Sub CommandButton1_Click()
    MyMakeMitumori
End Sub

スポンサーリンク






メニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved