Step 4 商品一覧の数量チェック

数量が入力されていれば見積書を作成するので、まず数量をチェックします。
数量が入力されていなければ、入力するようにメッセージを表示します。

メニューに戻る

スポンサーリンク



実行画面

■ 商品一覧のシート
・商品一覧データのシート名を「商品一覧」に、見積書書式のシート名を「見積書」としました。
・「見積書作成」ボタンを作成しました。
商品一覧シート

数量が入力されていない場合、「数量が入力されている商品が見つかりません。見積を作成する商品の数量を入力してください。」とメッセージが表示されます。
数量チェックメッセージ

スポンサーリンク



実行コード

Option Explicit

'見積書の作成
Private Sub MyMakeMitumori()
    Dim srcst As Object
    Dim destst As Object
    Dim lrow As Integer
    Dim lcoun As Integer
    
    'コピー元のワークシート
    Set srcst = Worksheets("商品一覧")
    'コピー先のワークシート
    Set destst = Worksheets("見積書")
    
    lcoun = 0
    For lrow = 5 To 24
        '数量の入力チェック
        If srcst.Cells(lrow, 6) > 0 Then
            lcoun = lcoun + 1
        End If
    Next
    If lcoun = 0 Then
        MsgBox "数量が入力されている商品が見つかりません。" & vbCrLf & _
            "見積を作成する商品の数量を入力してください。"
    End If
End Sub

Private Sub CommandButton1_Click()
    MyMakeMitumori
End Sub

スポンサーリンク





メニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved