家計簿ソフトを作ってみよう

Step 6 日付ボタンで日付セルに入力する

費目ボタンがクリックされた場合、ボタンのキャプションを入力するようにしていましたが、日付の場合ボタンのキャプションが正しい日付の形式になっていないのでうまくいきません。
そこで、ボタンのキャプションを作成した方法と同じ方法の、今日の日付から計算し入力するようにしました。

日付の計算は、DateAdd("d", 計算する日数, Date) を使用します。

日付ボタンがクリックされた場合、日付を入力し隣の「内容」セルに移動します。

メニューに戻る

スポンサードリンク



実行画面

日付が入力され内容セルに移動しています。日付の入力シート

スポンサードリンク



実行コード

'日付のセット
Private Sub ExDateSet(nno As Integer)
    Dim s1 As String
    
    If ActiveCell.Column = 2 Then
        s1 = ActiveCell.Address
        Select Case nno
            Case 1: Range(s1) = DateAdd("d", -4, Date)
            Case 2: Range(s1) = DateAdd("d", -3, Date)
            Case 3: Range(s1) = DateAdd("d", -2, Date)
            Case 4: Range(s1) = DateAdd("d", -1, Date)
            Case 5: Range(s1) = Date
        End Select
        ActiveCell.Offset(0, 1).Activate
    Else
        Beep
        ActiveCell.Activate
    End If
End Sub

Private Sub CommandButton22_Click()
    ExDateSet 1
End Sub

Private Sub CommandButton23_Click()
    ExDateSet 2
End Sub

Private Sub CommandButton24_Click()
    ExDateSet 3
End Sub

Private Sub CommandButton25_Click()
    ExDateSet 4
End Sub

Private Sub CommandButton26_Click()
    ExDateSet 5
End Sub

スポンサードリンク





メニューに戻る

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


関連コンテンツ

Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved