Excelで年賀状印刷ソフトを作ってみよう

Step 11 待ち時間用のタイマー関数を実装する

前回、インクの乾燥時間を入力できるようにしましたが、今回タイマー関数を追加し、実際に待たせます。
タイマー関数はWindows APIの「GetTickCount」を使用します。

Homeへ > Excelでアプリケーションソフト > 年賀状印刷ソフト > Step11 待ち時間用のタイマー関数を実装


スポンサーリンク



シート画面

下図の場合、テキストボックスに入力されている10秒間待ちます。


スポンサーリンク



下記のコードを追加してください。

'Windowsが起動してからの経過時間 API
Private Declare Function GetTickCount Lib "kernel32" () As Long

'タイマー
Private Sub ExTimer(tim As Long)
    Dim st As Long
    
    tim = tim * 1000
    '開始時間を取得
    st = GetTickCount
    DoEvents
    Do
        If GetTickCount - st >= tim Then
            '時間が経過した
            Exit Do
        End If
        DoEvents
    Loop
End Sub

スポンサーリンク





Homeへ > Excelでアプリケーションソフト > 年賀状印刷ソフト > Step11 待ち時間用のタイマー関数を実装

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved