Step9 id属性かclass属性かに分けて、名前を取り出す

「div」から始まる場合はid属性、「.」から始まる場合と、「#」から始まり次の文字の先頭に「.」がある場合class属性にします。

リンクの「a」とか、「p」や「h〇」などはよく使うので無視します。名前が付けられているものだけをチェックするようにします。
CSSで使われていないセレクタ見つけるExcelソフト


スポンサーリンク



実行画面

下画像の赤矢印のセレクタだけを調べます。
「a」や「h〇」は調べません。
赤矢印のセレクタだけを調べる

スポンサーリンク



VBAコード

全て小文字にして調べたいので、呼び出し時に「Lcase」を使うように変更してください。

ln = MyFindSelectors(LCase(scon), lc, LCase(sSele))

前回、プロシージャ名だけだったMyFindSelectorsを下記に変更してください。

流れは
1.先頭が「div」かどうか調べ、そうならば「#」以下をid属性として名前を取り出します。
2.先頭が「#」かどうか調べ、そうならば「#」以下をclass属性として名前を取り出します。
3.先頭が「.」かどうか調べ、そうならば「.」以下をclass属性として名前を取り出します。

Private Function MyFindSelectors(ssrc, l As Long, sdest As String) As Long
    Dim ltype As Long
    Dim s1 As String
    Dim ln1 As Long
    
    If Left(sdest, 3) = "div" Then
        ln1 = InStr(1, sdest, "#")
        If ln1 > 0 Then
            ltype = 1
            s1 = Mid(sdest, ln1 + 1, Len(sdest) - ln1)
        End If
    ElseIf Left(sdest, 1) = "#" Then
        ln1 = InStr(1, sdest, ".")
        If ln1 > 0 Then
            ltype = 2
            s1 = Mid(sdest, ln1 + 1, Len(sdest) - ln1)
        End If
    ElseIf Left(sdest, 1) = "." Then
        ltype = 2
        s1 = Right(sdest, Len(sdest) - 1)
    End If
    
    If s1 <> "" Then
        If ltype = 1 Then
            'idの出現回数をカウントします
        ElseIf ltype = 2 Then
            'classの出現回数をカウントします
        End If
    End If
End Function

スポンサーリンク





CSSで使われていないセレクタ見つけるExcelソフト

■■■
このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切責任は負いませんのでご了承下さい
■■■
当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します


Copyright (c) Excel-Excel ! All rights reserved